農芸化学@High School

土壌微生物叢の経年および外部刺激による変化

今井 初音

神奈川県立川崎工科高等学校

並木 謙吾

神奈川県立川崎工科高等学校

Published: 2018-11-20

本研究は,日本農芸化学会2018年度大会(開催地:名城大学)での「ジュニア農芸化学会」において発表された.本研究では,次世代シーケンサーを使用して土壌の微生物叢解析を経時的に実施した結果が発表された.土壌微生物叢は調べた一定期間の間に大きくは変動しないこと,培養した乳酸菌や酢酸菌を土壌に投入しても定着せず,時間経過に伴って元の微生物叢構成へと回帰する様子が示された.これらは,近年ようやく知られるようになってきた,菌叢の安定性を示す好例の一つとして捉えることができ,ジュニア農芸化学会発表で高く評価された.

本研究の目的,方法および結果と考察

【目的】

土壌には,1 g当たり1×108もの微生物が生息していると言われている.われわれは,身近な土壌中にどのような微生物が生息しているかに興味をもち,川崎工科高校敷地内(図1図1■土壌採取場所(神奈川県立川崎工科高等学校))の土壌微生物について3年前(平成27年度)から調査を行っている.その結果,昨年までに,土壌中に平均して305±21属(10,533±1,069 Operational Taxonomic Units; OTUs)が存在すること,深さによって存在する微生物が異なることを明らかにした.そこで今年は,以下の2点について調査した.