海外だより

英国ケンブリッジ大学の研究環境に身を置いて
私の楽しい研究留学体験記

Shinpei Uno

宇野 晋平

ケンブリッジ大学MRCミトコンドリア生物学研究所

Published: 2024-02-01

筆者は2022年4月から英国ケンブリッジ大学MRC Mitochondrial Biology Unit(MBU)のMichael Murphy教授(以下Mikeと記載します)のもとにポスドクとして留学をはじめ,ケミカルバイオロジーをベースとしたミトコンドリア研究に携わっています.この度は「海外だより」という形で私の経験をお伝えする機会をいただけましたので,個人的な体験談を中心にとりとめのない文章ですが,いろいろと書かせていただきました.仕事の隙間時間にコーヒーのお供として気軽に読んでいただけると幸いに思います.

留学が決定するまで

はじめに留学が確定するまでのいきさつについてお話しします.私が研究留学を考え始めたのはD1の冬頃でした.特別なきっかけがあったわけではないのですが,強いて言えば,海外のレベルの高い研究施設で研究をしてみたいなという漠然とした気持ちと,先に就職した友人たちの志高く仕事に向き合っている話を聞いて,自分も博士号を取得後に大きなことに挑戦する気持ちを持たないと研究者として大成できないだろうと感じたためです.そこで,英会話の勉強を始め来夏に参加する予定であった国際学会でなんとか自分を売り込もうと考えていました.その時は,当時の研究テーマだった呼吸鎖複合体-I(ミトコンドリアNADH-ユビキノン酸化還元酵素)の酵素学の研究をしている,MBU内のMikeとは別のラボにコンタクトをとってみようと考えていましたが,残念なことにCOVID-19の影響でその国際学会に参加する機会を失ってしまいました.当初は落ち込みましたが,不思議なことにそのことがかえって私の好奇心を駆り立てて絶対に海外に出てやるぞという気持ちをいっそう強く持つようになりました.そのことを当時の指導教官である三芳秀人先生に相談したら,海外に行くのはいいが現在の研究を継続するだけで本当にいいのか,もう少し視野を広げた方がいいんじゃないかというようなことを言われました.似たような研究テーマをこのまま続けるという点は私自身しこりに思っていた点でもあったため,自分が将来どのような研究者になりたのか,そのためにどういう選択をすべきかということを改めて考え直しました.そして,複合体-I以外にも幅広くミトコンドリアの研究をしており,私自身よく好んで論文を拝読していたMikeのラボにアポを取ることを決心しました.三芳先生がMikeと顔見知りだったこともあり,私が連絡を送るに先立って一通のメールを送ってもらえて,その助けもあって何とかMikeとアポを取ることができました(この辺りは私は本当にラッキーであり,三芳先生にはとても感謝しています).そしてZoomミーティングをしたところ,自分で奨学金を取れるならば来ていいよということになりました.相談して組み立てた研究計画は当時の研究内容とは大きく異なるものだったので,その勉強や申請書の作成には多少なりとも苦労しましたが,幸いにもいくつかの奨学金を取得することができました.留学経験も国際学会参加経験もない私でしたが,このような形で目的としていた英国ケンブリッジへの海外留学に踏み出すことができました(図1図1■MRC-MBUの研究棟(上)とケンブリッジの街並み(下)).