巻頭言

構造か活性か

Vol.55 No.5 Page. 295 - 296 (published date : 2017年4月20日)
川端 潤1
  1. 北海道大学大学院農学研究院

冒頭文

「物取り」といっても泥棒ではなく,天然素材中から有用な化合物を探し出す天然物化学の手法の一つである,という話はつい先頃(2016年8号)河岸洋和先生が巻頭言に書かれているのでご記憶の読者も多いだろう.筆者も学生時代からずっとこの「物取り」を主たる生業とし,取れてきた化合物に一喜一憂してきた.

リファレンス



本文はトップページからログインをして頂くと表示されます。